« いい香り | トップページ | 豚肉もとめて三千里 »

2011年7月24日 (日)

これでも本屋で売られてる本です

こういう本を見るとなんかアラブを感じれていいなーとか思う今日この頃0724rippanahon1 0724rippanahon2

にほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 漫画ブログへ    人気ブログランキングへ              

Web Comic Ranking クリックお願いしますw

[おことわり]
当ブログは個人の日記のブログです。なので主観が入った内容のブログです。
当ブログへ誹謗中傷や記事の主観に対する異論・反論がある場合、コメント欄に書き込みは控えてください。メールrasu5350012☆yahoo.co.jp ☆を@に変えてください)で受付ています。以上のことが守られていないと判断した場合、警告なしに削除することがあります。ご了承ください。誤字脱字などの指摘は歓迎いたします。
 

|

« いい香り | トップページ | 豚肉もとめて三千里 »

文化の違い」カテゴリの記事

コメント

いやあ、マナルさんの製本もなかなかw
文字がはさまってて読めないなんていうのは、さすがにありませんでしたけどネ。

昔、押入れの奥から出てきた昭和初期の単行本がけっこうガタガタの製本で、カルチャーショック受けたことを思い出しました。
たぶん日本も、昔からなんでもかんでも完璧主義だったわけではなくて、敗戦後「欧米に追いつけ追いこせ」ってものすごく頑張った結果が、今の日本製品の品質になっているのでしょうね。
(どうして原発にはそのクオリティが活かされなかったのかなぁ?)

投稿: coco | 2011年7月27日 (水) 00時01分

> cocoさん

>いやあ、マナルさんの製本もなかなかw

ぐさ(泣)まあ、私の本はアラブ仕様ってことで(おい)
でも最低限、読める本は目指しております(もっと上を目指せって)(汗)

昭和初期の本も・・がたがただったんですね・・
やっぱりはじめからできているわけではなくって感じなんですよね・・
まあ日本では本が大量に売られているので、必然と
きれいになっていったのかもしれません。

そういや、この本・・意味のない中綴じとかなってましたよ!!
なんか途中のページでいきなり中綴じとかなってるもんだから
何かあるのかってみたら・・印刷されてない中綴じでした(たぶん
単なる製本ミスによる中綴じです)

投稿: マナル | 2011年7月28日 (木) 00時58分

ほんと、アラブの製本のザツですよねー。
同じシリーズの本の大きさがバラバラだったり、紙の端がナナメだったり(台形の本?)、開いただけでページがバラバラになったり、糸とじがゆるんできたりと、まあありとあらゆる展開が待ってて、次はどんな展開が待っているのだろうと思うと、ある意味飽きない(笑)。

ただ、借りた本だと真剣に困る~;; わたしが壊したわけじゃないのよ、本が勝手に壊れたの!・・・って言っても誰にも信じてもらえなさそう・・・。

投稿: うさぎ | 2011年8月 1日 (月) 10時10分

そういえば先日、明治~大正のころに発売された法帖(習字の手本)の整理をしてきました。
主に日本製の本だったのですが、なかなかおかしな(?)製本をされているものもあって驚いたものです。
つづら折りの本体に、布貼り厚紙の表紙が付いているのですが、その布の破れ目から見えるのは明らかに新聞紙だったりで(補修したからじゃなくて、最初からこうなってたっぽい)。
極めつけはその厚紙の裏打ちが畳表だったものまで。
製本や印刷はまともっぽいだけにこういうのが目立ちました(笑

投稿: 和良 | 2011年8月 5日 (金) 11時12分

>うさぎさん

>まあありとあらゆる展開が待ってて、次はどんな展開が待っているのだろうと思うと、ある意味飽きない(笑)。

本にまで、アラブの醍醐味がw(おい)ほんと、わたしもちょっと楽しみに
してます、どんなびっくりドッキリ展開が・・あるのか・・
以外に絵とかも純粋にびびったりしますよね・・(お父さんが車洗ってる絵が
車盗んでる絵にみえたり・・広い庭という設定なのに林みたいな庭の絵になってたりとか・・)

>、借りた本だと真剣に困る~;; わたしが壊したわけじゃないのよ、本が勝手に壊れたの!・・・って言っても誰にも信じてもらえなさそう・・・。


ほんとうですよね・・でも、たぶん、作り見たらああ、なんか自然崩壊しそうってわかると思いますw


>和良さん

>その布の破れ目から見えるのは明らかに新聞紙だったりで(補修したからじゃなくて、最初からこうなってたっぽい)。
>極めつけはその厚紙の裏打ちが畳表だったものまで

おおすごい!本に畳表つかうとは!!

そういば、新聞紙で思い出したのですが、リサイクルのはかまを買ったんですが
ひだの部分がやぶれて、補習を母にたのんだら・・・なんと、
紐のぶぶんの厚紙に、新聞紙が使用されていて・・しかもその新聞みたら
なんと昭和5年とかかかれて手びっくりしました!!はかまの状態が
すごいきれいだったので、私も母もそして売ったおっちゃんも、ポリエステルだと思ってたのですが、時代的に絹だったということがわかりびっくりです。
絹でもポリエステルみたいなぱりぱりの布地があるのです。
ってか、これはじめから絹ってわかってたら絶対に500円ワゴンで
売られてないよ!!と思ったしだいです。

ってあんまり関係ないですけど、古い新聞紙とか出てくると
なんかロマンを感じます。しかし昭和5年の新聞は漢字が多すぎて
私は読めませんでした^^;が、知り合いの中国人の子に見せたら
すらすらよめて、さすが漢字の国とかおもいましたよー

投稿: マナル | 2011年8月 7日 (日) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098133/40944860

この記事へのトラックバック一覧です: これでも本屋で売られてる本です:

« いい香り | トップページ | 豚肉もとめて三千里 »